住宅!新築?リフォーム?

きれいなお家に住みたい

Archive for 7月, 2012

キッチンを考える―シンク

Posted by みなこ On 7月 - 9 - 2012 コメントは受け付けていません。 Subscribe here

 キッチンを考える時、シンクをどのような材質で、どんな形にするか、悩むところです。シンクには、大きく分けて、オーバーカウンター方式とアンダ―カウンター方式と一体化方式があります。オーバーシンクはキッチンの天板にシンクの縁を載せるタイプで、アンダ―シンクはキッチンの天板の裏面から取り付けるタイプのもので、一体化は天板と一体化したものです。材質としては、アルミ、ステンレス、ホーロー、大理石、人造大理石、タイルなどがあります。

システムキッチンでは、アンダ―カウンター方式が多く採用されています。材質としては、何と言っても多いのは、手入れの簡単なステンレス製です。大理石は高級感が出ますが、傷や汚れが気になります。陶器を落とした場合、破損することがあります。そこで、傷や汚れに強く、高級感のある人造大理石も人気が出ています。我が家の場合は、今まではステンレス製の一体化方式でしたが、新築したのを機にシンクはステンレス製で天板に人造大理石を使いました。

あまりに白いので、汚れるのではないか、傷がつくのではないかと心配でしたが、案外大丈夫でした。選択肢の一つとして、シンクをホーローにして、天板をタイルにしようかと思いました。憧れのカントリーの雰囲気が欲しかったのですが、この人造大理石の白さにも引かれました。やはり、毎日三度料理をしますし、おやつも作ることがありますから、使い勝手がよいのはもちろんですが、手入れが簡単なのが一番です。

シンクを2槽にして、1つは食器やフライパンや鍋などを洗えるように大きめにしています。もう1つは野菜や果物を洗えるようにしています。2槽あることで食事の準備が早くできますし、娘や母が手伝うのにも、邪魔にならずに、スムーズに参加できます。シンク一つで、料理が楽しくなりました。