住宅!新築?リフォーム?

きれいなお家に住みたい

Archive for 6月, 2015

階段

Posted by みなこ On 6月 - 15 - 2015 コメントは受け付けていません。 Subscribe here

最近ではリビング階段を取り入れる家庭が非常に増えてきました。リビング階段の魅力は家族の繋がりを大切にできることです。玄関入ってすぐのところに階段を設ける間取りが多かった以前は、子ども達が成長するといつ帰宅していつ外出したのか分からないということもしばしばあったと思います。それは玄関から直接二階の自分の部屋へ行き来できるからです。リビング階段にすることで、家族の集まるリビングを必ず通らなければ二階の自分の部屋には行くことができません。リビングで家族が顔を合わせる機会が増え、自然とコミュニケーションが生まれやすくなります。

このリビング階段には種類があり、階段の入り口がリビングに面しているリビング階段と、リビングの中に階段がオープンな状態で存在するリビング階段があります。階段の入り口がリビングに面しているリビング階段は、リビング階段の唯一のデメリットである、二階からの冷気の流れ込みを食い止めることができます。入口部分をロールカーテンやドアを取り付けることで、二階からの冷気の流れ込みを食い止めることができ、また気になる冷暖房効率も高められます。

リビングの中にあるリビング階段はリビングのインテリア的な要素も兼ね備えています。階段が中心のリビングもおしゃれです。オープン階段の下のデッドスペースはオープンスタイルの見せる収納にすることもできますし、パソコンスペースなど収納だけではない活用法ができます。リビング階段にして家族の繋がりを大事にし、階段のデザイン性にもこだわった家にしたいものです。

パソコンスペース

Posted by みなこ On 6月 - 3 - 2015 コメントは受け付けていません。 Subscribe here

私は家事の合間にパソコンを使い仕事をすることがあります。また趣味はネットショッピングですのでパソコンは生活に欠かせません。また私の主人も持ち帰りの仕事が多く、自宅でパソコンなどのデスクワークをします。マイホームではパソコンや主人の仕事がより快適な環境で行えるようにしたいと考えていました。

なぜなら我が家の作業スペースはダイニングテーブルだからです。私がパソコンをするのも、主人が仕事をするのも、子ども達がひらがなの練習やお絵かきをするのも全てダイニングテーブルを使用しています。食事をする場所なのに作業スペースとして使用することが多く、一番面倒なのは食事の度にそれらを片付けなくてはいけないことです。マイホームではこのようなことにならないようにパソコンや仕事が集中して行える空間を確保したかったのです。

またそれを一階に設けるというのもポイントでした。子どもがまだ小さく目が離せないと言う理由です。また子どもも親の傍でないとお絵かきやひらがな練習もしたがりません。そこでダイニングスペースの窓際にパソコンスペースを確保しました。横幅を確保したので私と子どもが二人並んで作業をしても十分な余裕があります。将来には兄弟姉妹が仲良く並び勉強をするのにも最適です。

造り付けカウンターの下部には仕事関連用品やパソコン関連用品をしまえる収納スペースを設けました。この作業スペースを使用しない時は物を片付けられます。家族みんなが使いやすいカウンターとなることでしょう。家族との繋がりを感じながらも自分の時間を過ごせる空間になりそうです。