住宅!新築?リフォーム?

きれいなお家に住みたい

Archive for 7月, 2015

癒しの場

Posted by みなこ On 7月 - 29 - 2015 コメントは受け付けていません。 Subscribe here

住宅の中で癒しの場と言えば浴室です。浴室は一日の体の汚れを落とす場所でもありますが心身共に安らげる場所でもあります。浴室を最高の癒しの場にしたいと考えている人も多いと思います。最高の浴室にするには浴槽の存在が大きいです。我が家は子どもがまだ小さいこともあり親子一緒にお風呂に入ります。親子一緒に入浴してもゆったりと入れる浴槽は癒されると思います。浴槽が小さい現在は親子一緒に入るとぎゅうぎゅう詰めで癒しとはほど遠い浴室となっています。足がゆったり伸ばせて、親子一緒に入浴しても圧迫感なく入れる浴槽サイズを選択するといいと思います。

また家計を守る主婦にとっては光熱費の削減に繋がる浴室は嬉しいのではないでしょうか。例えばシャワー。量感はたっぷりだが大幅に節水できるシャワーであれば光熱費に大きく影響してきます。節水しながらも心地よい浴び心地を得ることができれば嬉しいです。また洗い場の水栓にも注目しましょう。お湯の出し止めをワンタッチで操作できれば無駄使いがなくなり光熱費にも影響してきます。ワンタッチという簡単操作は小さい子どもから高齢者まで受け入れやすいスタイルでもあると思います。

また浴室からの眺めを楽しむのも贅沢で優雅な気分を味わえると思います。坪庭を眺めながら入浴タイムを楽しめればどこかの温泉にでも来ているような雰囲気を味わえることでしょう。自宅に居ながら非日常感を味わえればお風呂に入る時間もより満喫できると思います。浴室にこだわり心身共に安らげる空間にしたいです。

友人からのアドバイス

Posted by みなこ On 7月 - 2 - 2015 コメントは受け付けていません。 Subscribe here

我が家は新築住宅を建てることを決めました。結婚をして子どもが生まれ、生活に落ち着きをみせ始めた世代で、そろそろマイホームを!と考える人も多いです。私の周りにはこのように考えている人や、もうマイホームを購入している友人も多くいます。家造りの先輩として友人からいろいろなアドバイスをもらいました。

その中で一番多いのが室内用の洗濯物干し場を設けておくことです。洗濯は毎日行う家事の一つです。それだけに屋外に洗濯物干し場を設けるのはみんな当たり前のように行うですが、室内用は意外と忘れられがちです。しかしこれがあることで家事を今までより効率よく行えるのです。

梅雨時期など雨が降る日は屋外に洗濯物を干せません。花粉や大気汚染PM2.5などが飛来する時も屋外に洗濯物を干すのに抵抗を感じます。このような時でも洗濯は行うのできちんと室内用の洗濯物干し場があれば円滑に家事をこなすことができるのです。最近では天井から吊るすタイプのものを取り入れる家庭が多いです。室内干ししてもしっかり衣類が乾く環境で、洗濯物を干していても邪魔にならない場所に設けるといいのです。

そして次に多いのが、コンセントの位置と数です。私にはこれは意外でした。コンセントの位置や数を今まで真剣に考えたことがなかっただけにアドバイスをもらってよかったと思っています。いつもの暮らしを思い返しながらどこにコンセントがあると生活しやすいか、家事をしやすいかということを考えて設置するのです。これらのアドバイスを我が家の家造りに反映させていきたいと思っています。